総合凡例

調査の方針について

このサイトでは、鋼索鉄道、索道と無軌条電車を除く日本の鉄道の配線を調査した結果を路線別に公開しています。

配線略図に描くものは、基本的に以下の線路または設備です(一部の特集記事など例外もあります)。

したがって、現在全く使用されていなかったり、保線車両の留置のみに使用されていたりする線路も描いています。また、各線路の詳細な使用目的(○番線、上り本線など)は煩雑となるため調査していません。

線路のカーブやホーム・側線等の有効長は、作図上の都合や図の見やすさを重視して反映していないところがあります。ただし、分岐器の直進側・分岐側の区別は正確に反映しています。

配線略図の記号等の凡例

配線略図で使用している記号は以下の通りです(いずれも作者独自の記号です)。なお、電化方式や軌間は線の色や太さで区別しています。

特に断りなく使用する記号

特に断りなく使用する記号(線路)
電化方式/軌間1067mm1435mm
架空電車線方式直流1500V電化架空電車線方式直流1500V電化 軌間1067mm架空電車線方式直流1500V電化 軌間1435mm
架空電車線方式交流20kV電化架空電車線方式交流20kV電化 軌間1067mm架空電車線方式交流20kV電化 軌間1435mm
架空電車線方式交流25kV電化なし架空電車線方式交流25kV電化 軌間1435mm
非電化非電化 軌間1067mm非電化 軌間1435mm
特に断りなく使用する記号(その他)
記号名称備考
旅客ホーム旅客ホーム極太線,線色#000000
貨物ホーム貨物ホーム極太線,線色#404040
二重線側は乗降不可二重線側は乗降不可
二重線側は乗降不可ホーム柵(ホームドア等)*1
三線軌条三線軌条*2
片開き分岐器片開き分岐器
両開き分岐器(振り分け分岐器を含む)両開き分岐器(振り分け分岐器を含む)
両渡り付交差(ダブルスリップスイッチ)両渡り付交差(ダブルスリップスイッチ)*3
スプリングポイントスプリングポイント*4
横取装置横取装置*5
乗越分岐器乗越分岐器*6
トラバーサートラバーサー細線,線色#000000,線内#BFBFBF
転車台転車台細線,線色#000000,線内#BFBFBF
建屋建屋細線,線色#000000
線路終端線路終端細線,線色#000000

*1 可動式ホーム柵(ホームドア)はホームと線路の間に実線、固定式ホーム柵はホームと線路の間に破線を描きます。なお、2016年頃以前の配線略図には記載していない場合があります。

*2 二重線の色や太さは対応する軌間・電化方式の線路に準じます。ただし、軌間の広い方の線を、三線軌条のレールが2本ある側に描くものとします。

*3 片渡り付き交差(シングルスリップスイッチ)の場合も同様に、交差の片渡りがついている側に線を描きます。

*4 反位側の線路に矢印を付して記載します。なお、2016年頃以前の配線略図には記載していない場合があります。

*5 横取装置(保守用車の転線に用いられる装置)のうち、分岐器状の構造をするものに限り記載します。レールを乗り越える側の線路に実線を引いて記載します。

*6 本来は乗越ポイント及び乗越クロッシングを用いた分岐器を指しますが、当サイトではポイント部とクロッシング部のいずれか一方が乗越ポイント/クロッシングとなっているものはこの記号で表します。定位側の線路に実線2本を付して記載します。なお、2021年頃以前の配線略図では横取装置の記号で記載している場合があります。

その都度凡例を設けて定義する記号

その都度凡例を設けて定義する記号
記号名称備考
電化線路電化線路*7線幅1.5pt,線色#C00000
非電化線路非電化線路*7線幅0.5pt,線色#C00000

*7 電化方式、軌間についてはその都度凡例を設けて定めます。

その他特殊な設備については、その都度配線略図中に凡例を設け、新たな記号を定義します。

なお、紛らわしい設備については次の通り記載しています。

路線名表記について

鉄道路線名は電気車研究会発行の『鉄道要覧』に基づき、「事業者名+路線名」の形で表記しています。ただし、実際の旅客案内などの実情をふまえ、以下の要領で略記している場合があります。

なお、各版のページ末尾の路線名の欄には全て鉄道要覧上の名称で表記しています。

停車場・現業機関名について

配線略図には、停車場名を記載するほか、車両基地・工場など現業機関名および専用線名を記載することができるものとします。

停車場は、駅、信号場および操車場とし、下記の基準により記載します。

現業機関名については、原則として車両基地および工場の名称を記載していますが、場合によって記載していないこともあります。専用線名については、原則として専用側線・専用鉄道設置企業名・事業所名を記載していますが、国鉄分割民営化以降長らく専用線・専用鉄道の一覧が公開されていないため、不正確な場合があることをご承知おきください。

停車場名表記について

停車場(駅、信号場、操車場、停留場)は本文中では「東京駅」「新鶴見信号場」などのように「駅」「信号場」などを付けて表記しています。配線略図中では区別のため他の文字より大きく表記し、スペースの関係上以下のように略記しています。

配線略図中の表記
無表記東京
信号場(信)新鶴見(信)
操車場(操)高崎(操)
停留場無表記王子駅前

*田端信号場駅、新小岩信号場駅など、駅名に「信号場」などがつく駅については、上表の駅の表記法を適用し、配線略図中では「田端信号場」「新小岩信号場」のように表記します。
*上表のほか、「貨物ターミナル駅」は「(タ)」と略します。例えば、東京貨物ターミナル駅は「東京(タ)」とします。

停車場名の表記は原則として電気車研究会発行の『鉄道要覧』に基づき、また同書に掲載されていないものについてはWikipediaの項目名を採用しています。ただし、以下の例外があります。

配線略図中の路線名・停車場名については、英語を併記しております。英語表記は原則として各鉄道会社の広報物や現地の駅名標の表記に従っていますが、下記の基準により記載しています。

配線略図の分割・統合・重複掲載

配線略図は原則として路線別としています。例えば南武線が主たる区間である川崎~立川間の他に尻手~浜川崎間などの支線を持つように、区間が複数ある場合でも同一ページ上に掲載しています。ただし、JRの路線で路線長が200kmを超える長大なもの及び、複数の旅客鉄道会社にまたがるものは、複数のページに分けることがあります。その際は、「○○線(××~△△)」というページを複数設け、主たる区間のうち××~△△間とその周辺の支線を収録します。ここで、「××~△△」はそのページの代表となる区間を表すので、収録している区間はこれに限られません。例えば、東北本線は次のように分割します。

配線略図名収録区間
東北本線(東京~黒磯)東京~黒磯、日暮里~尾久~赤羽、赤羽~武蔵浦和~大宮
東北本線(黒磯~仙台)黒磯~仙台
東北本線(仙台~盛岡)仙台~盛岡、長町~宮城野~東仙台

また、原則として第一種鉄道事業者・JR貨物を除く第二種鉄道事業者の路線はそれぞれページを作りますが、第三種鉄道事業者の路線は独自のページを設けず、第一種鉄道事業路線のページなどに合わせて掲載します。例えば、成田空港高速鉄道線のJR成田線分岐点~成田空港間は「成田線」の配線略図に収録しています。

路線によっては、実際の運行形態や図のレイアウトなどを考慮して、当該路線以外の区間を配線略図に収録することがあります。例えば、「中央本線(東京~塩尻)」配線略図には中央本線の他に東北本線の東京~神田間(一部線路のみ)、山手線の代々木~新宿間も掲載しています。

閉じる
閉じる