8月12日(日)発売『配線略図で辿る首都圏の回送列車』

コミックアカデミー16 サークル参加のお知らせ

いつも配線略図.netをご覧いただきありがとうございます。

配線略図.netは、来る5月19日(土)に開催されるコミックアカデミー16にサークル参加します。昨年12月に発行し大好評をいただいている『京葉臨海鉄道配線略図』をはじめ既刊を頒布する予定です。

出展情報

日程
2018年5月19日(土) 11:00~17:00
五月祭・コミックアカデミーは5月19日(土)・20日(日)の両日開催ですが、配線略図.netは19日のみの参加です。
会場
東京大学本郷キャンパス(南北線東大前駅、丸ノ内線・大江戸線本郷三丁目駅、千代田線根津駅)
法文1号館2階文215教室
イベントについて
コミックアカデミー16は、東京大学第91回五月祭の企画として開催されます。

取扱い書籍一覧

書籍はどれでも3冊で1000円(委託書籍を除く)。例えば300円の書籍1冊・400円の書籍2冊を購入した場合も1000円となります。ただし、例えば300円の書籍を3冊購入した場合は900円となります。

臺灣鐵路管理局西部幹線配線略図(頒布価格400円)については、残数が少ないため予約販売とさせていただきます。購入ご希望の方は[email protected]までご連絡ください。

お品書き

お品書き

京葉臨海鉄道配線略図(C93新刊)

配線略図.book vol.5 京葉臨海鉄道配線略図

配線略図.net書籍第5弾は京葉臨海鉄道です。

1日十数往復の貨物列車が行きかい、日本有数の貨物鉄道として知られる京葉臨海鉄道。1970年代と比べれば接続する専用線の数は激減したものの、現在でもほぼ全駅で貨物取扱があります。本書では、全線の配線略図と(ほぼ)すべての専用線・廃止専用線を記載した地図で京葉臨海鉄道を紹介します。

また、巻末では「京葉線の貨物駅4駅」と題し、京葉線沿線に計画されていた未成貨物駅(有明駅、行徳駅、鷺沼駅)と建設されたものの廃止された千葉貨物ターミナル駅の現地調査を行いました。これらの駅については、都心の壮大な未成計画でありながら資料が少なく詳細は明らかになっていませんが、現地には計画の痕跡がはっきりと残っています。千葉貨物ターミナル駅については航空写真・各種資料から作成した1970年ごろの配線略図を掲載しています。

収録配線略図

  • 京葉臨海鉄道臨海本線(蘇我駅、千葉貨物駅、京葉市原駅、浜五井駅、玉前駅、甲子駅、前川駅、椎津駅、北袖駅 京葉久保田駅)
  • 京葉線千葉貨物ターミナル駅・京葉臨海鉄道食品南線・食品北線(1970年頃の配線)
  • 京葉線新港信号場

仕様

イベント頒布価格
400円
主要仕様
B5判 本文カラー4ページ・白黒40ページ
サンプルページ
サンプルページ1サンプルページ2
京葉市原駅
甲子駅

委託販売で購入

書泉・Amazon・一部同人ショップで取り扱っていただいています。

サイト中に誤りを発見された方は、メールまたはSNSなどでお知らせください。ただし、すぐに対応できない場合があります。

ホーム
公開日
2018年4月27日