8月12日(日)発売『配線略図で辿る首都圏の回送列車』

竹ノ塚駅高架化工事観察記(2015年9月19日)

高架建設に伴う線路切り替え

竹ノ塚駅南側
西新井方

駅南側(西新井側)から見ていきたいと思います。真新しい高架橋が目立ちますが、よく見ると車庫線の線路が付け替えられているようです。

竹ノ塚分室への回送線
車庫への回送線

去年現下り急行線と平面交差した先で左に曲がっていた車庫線が、右に急カーブしています。車庫線の移設で空いたスペースは新下り急行線の高架用地になっていました。

下り緩行線の仮線を敷設するため、下り急行線高架の下には空間が設けてあります。踏切の真上に渡された鉄桁は、観察の1週間前に組まれたばかりのようでした。

下り急行線高架
下り急行線高架
下り急行線鉄桁
踏切と高架橋

踏切脇の歩道橋は高架をぎりぎり支障しないようになっているため、まだ撤去されていません。歩道橋に登ると高架橋を間近で見ることができます。

竹ノ塚分室への回送線
車庫への回送線
歩道橋から見た高架
歩道橋から見た高架
歩道橋から見た高架
近い……

鉄筋が一部むき出しになっていることもあり、近くから見ると迫力があります。下り急行線切り替え後からしばらくの間、この歩道橋から電車を見ることができるかもしれません。

工事中しか見られない光景はさらに続きます。新下り高架線は現在の竹ノ塚駅東西自由通路とぶつかる位置に建設されるので、新しい仮設の自由通路が建設されています。ところが、その完成を待っていては工期が延びてしまう。そこで、どうしたかというと……。

新設中の自由通路
自由通路の前後は高架完成

自由通路の前後で先に工事を進めていました。その結果、自由通路部分のみ高架が途切れた状態になっています。

自由通路からは建設中の高架の上を覗くことができます。西新井方では、弾性直結軌道の設置準備と思われる金具が取り付けられています。

高架橋の基礎工事
高架橋の基礎工事
高架橋の基礎工事
駅跨線橋と高架基礎

谷塚側でも高架の建設が続いています。

高架橋建設中
高架橋建設中
谷塚方
谷塚方

前回、緩行線の線路が切り替えられたのをレポートしましたが、その後急行線も切り替えられたようです。捻出されたスペースには新線高架が建設されています。

切り替えられた線路
切り替えられた線路

ちなみに、駅ホーム横東側には工事用資材置場があります。並んでいる機材を見る限り仮線関係の工事のようです。

資材置場
資材置場

竹ノ塚駅付近前面展望

サイト中に誤りを発見された方は、メールまたはSNSなどでお知らせください。ただし、すぐに対応できない場合があります。

関連ページ

配線略図アクセスランキング [2018年7月]

竹ノ塚駅高架化工事へ東武伊勢崎線配線略図
調査日
2015年9月19日
公開日
2015年10月3日