南武線

川崎と立川を結ぶ路線で、元は多摩川で産出する砂利を輸送するために建設されたが、現在は東京メガループの一員として地域輸送にあたっている。

中原電車区は2020年3月に鎌倉車両センター中原支所に改組されました。この配線略図は2015年時点のものです。

南武線配線略図01_川崎駅、尻手駅、矢向駅
南武線配線略図02_鹿嶋田駅、平間駅、向河原駅、武蔵小杉駅、武蔵中原駅
南武線配線略図03_武蔵新城駅、武蔵溝ノ口駅、津田山駅、久地駅、宿河原駅、登戸駅
南武線配線略図04_中野島駅、稲田堤駅、矢野口駅、稲城長沼駅、南多摩駅
南武線配線略図05_府中本町駅、分倍河原駅、西府駅、谷保駅、矢川駅
南武線配線略図06_西国立駅、立川駅
南武線配線略図07_八丁畷駅、川崎新町駅、小田栄駅
南武線配線略図08_浜川崎駅
南武線配線略図09_新川崎駅、新鶴見(信)
南武線配線略図10_鶴見駅

サイト中に誤りを発見された方は、訂正お知らせフォームでお知らせください。ただし、すぐに対応できない場合があります。

Share this website!

関連ページ

配線略図アクセスランキング [2020年8月]

アクセス解析の設定ミスにより、2020年9月・10月分のランキングは欠測となっております。

調査日

区間調査日時
川崎駅構内、新鶴見(信)~鶴見2015年3月現在
川崎~尻手、尻手~浜川崎2016年4月現在
尻手~立川2015年3月現在

版一覧

Version公開日
2.2HTMLPDF
2.1HTMLPDF
2.0HTMLPDF
1.0HTMLPDF

配線略図.netの書籍

JR路線一覧へ
公開日
最終更新日
(南多摩駅の配線を修正)
日本語のページを表示
閉じる
Click to show English version
閉じる