東北縦貫線工事観察記(2013年9月4日)

/

東北縦貫線配線略図

御徒町駅

上野方です。前回架線を支持するための器具が取り付けられたのを報告しましたが、今回は架線の設置を確認することが出来ました。半年前は新上り本線の御徒町駅付近しかなかった線路も、現在は工事用車両の通路となっている新上り本線の一部を除いてほぼ敷設されており、年度末には試運転を始められるのでは……と素人目には感じられます。ひょっとすると、開業時期の更なる前倒しも期待できるかもしれませんね。

東北縦貫線工事 御徒町駅1(上野方線路)

新下り本線→新上り本線へのポイントには電動転轍機と思われる機械が設置されていました。線路そのものの工事はあらかた終了して、電気関係の工事が主になっているようです。

また新上り本線上に流線型気動車(?)が止まっていました。最高速度を考えるとフロントガラスはいらないような……

東北縦貫線工事 御徒町駅2(転轍機が設置された)
東北縦貫線工事 御徒町駅3(工事用車両)

秋葉原方です。下手な写真ばかりで架線がよく写っていないのですが、この写真が最も分かり易いと思います。

架線は現在、上野駅付近から新下り本線は御徒町駅ホーム端付近まで、新上り本線はもう少し長く秋葉原駅の近くまで設置されています。新上り本線については工事用車両通路としてアスファルト舗装されている部分も架線の設置が行われています。

東北縦貫線工事 御徒町駅5(秋葉原方線路)

秋葉原駅

御徒町方は特に変化はありません。架線もここまでは伸びてきていません。この付近は縦貫線工事に合わせて架線柱を更新していますが、数ヶ月経った今も古いものが残っています。

東北縦貫線工事 秋葉原駅1(御徒町方線路)
特に変化なし
東北縦貫線工事 秋葉原駅2(架線柱)
柱だけが撤去されずに残っている架線柱

線路上にレールが山積みになっているのは前回の通りですが、線路と線路の間に同じような山がもう1つ出来ていました。新上り本線を完成させるために工事用車両通路が閉鎖されるので、資材を早めに搬入している……というのは深読みし過ぎでしょうか。

東北縦貫線工事 秋葉原駅2(線路上にレール)
線路上に山積みになっているレール
東北縦貫線工事 秋葉原駅3(線路上にレール)
山がもう一つ

神田方も大きな変化はありません。比較のため、いつも写真はほとんど同じ視点から撮っているのですが、今回はいつも写真をとっている場所に他の方がいたので少し場所が変わります。最も観察のためにはこちらの方がよさそうです。

東北縦貫線工事 秋葉原駅4(神田方線路)
LINEで送る

関連ページ

配線略図アクセスランキング [2017年9月]

「上野東京ライン」工事トップへ東北本線(東京~黒磯)配線略図

/

調査日
2013年9月4日
公開日
2013年9月10日
最終更新日
2013年10月4日