東海道新幹線米原保線所

米原駅北側に広がる保線基地です。お目当ては、転車台ともトラバーサーともつかぬ転線設備。バラスト積込み設備なども観察してきました。

配線図はちょっと待ってください……。

Googleマップで地図を見る

米原保線所

北陸本線坂田方の踏切から米原駅の方を見てみます。奥に見える313系電車の辺りが留置線になっていて、上には東海道新幹線の高架橋が通っています。そして、右の米原保線所には保線機械が何台か留置されています。

(新幹線高架と保線基地)
新幹線高架と保線基地

保線基地の中には見たこともないような設備が。構造は転車台に似ていますが、円形ではなく扇を2つ重ねたような形になっているため1周回ることが出来ません。

(転車台?)
転車台?

写真奥に伸びる在来線との連絡線と保線基地構内の線路が約70°の角度で交わっているため、通常の分岐器では接続することができません。そこでこのような特殊設備が作られたようです。

設置目的から言えば、転車台というよりトラバーサーの方が近いかもしれません。都電荒川車庫のトラバーサーも、用地の制約から導入されています。

もちろん転車台もどきの形態でも大変珍しい設備なのですが、加えて線路がすべて三線軌条になっています。もちろん三線軌条の転車台ですら国内ではほとんど例がありません。写真手前はレールで賑やかです。

(転車台?)
線路は三線軌

最も、会社が分割されていなかった国鉄時代ならいざ知らず、米原駅在来線がJR西日本管轄になってしまった現在ではこの連絡線は使用されていないようです。現在JR東海でレール輸送に使われるキヤ97形気動車は固定編成のため、ここに乗り入れることもできません。

敷地に沿って米原駅の方へ進んでいきます。構内には様々な保線車両が休んでいます。

(軌道用クレーン車)
軌道用クレーン車
(保線所構内)
保線所構内

こちらの車両はパンタグラフを装備しています。動力自体はディーゼルエンジンなので、架線点検用だと思います。

(パンタグラフ搭載の保線機械)
パンタグラフ搭載

構内には巨大なバラストホッパーがありました。ここで砕石を車両に積み、周辺の線路に運んでいます。

(バラストホッパー)
バラスト積込設備

ここまで柵が高く線路を見ることができませんでしたが、バラストホッパーのすぐ先でようやく構内配線を写真に収めることができました。日本の大動脈たる東海道新幹線を文字通り「下から支えて」いる保線基地とあって、規模がかなり大きくなっています。

構内には数多くの留置線があり、バラスト運搬や道床つき固めに使われる機械が深夜の出動を待っていました。

(米原保線所構内)
米原保線所構内

保線基地はまだまだ続きます。こちらの区画は日常的な保守を担当しているようです。バラストをつき固めるマルチプルタイタンパーやレール積み込み設備がありました。

(マルタイが並ぶ区画)
マルタイが並ぶ区画
(レール積込み設備)
レール積込み設備

営業用の2軸貨車が一掃されて数年経ちますが、2軸の保線車両はまだまだ活躍しているようです。

(小型の保線機械)
小型の保線機械

最後に、駅付近の跨線橋から写真を撮りました。保線基地への線路は米原駅の上り副々本線から分岐し、左右に猛烈な急カーブを描いて構内へと入っていきます。もう少しマシな線形があるような気もするのですが……。

(米原駅の引込み線)
米原駅の引込み線

今回の特集では、後半を線路の話題少なめでお届けしました。線路が見えなかったので仕方ないですね……(越中島貨物駅の時も同じようなことをした気がします)。次回はもう少し配線鉄らしい記事を書きたいと思います。

LINEで送る

配線略図アクセスランキング [2017年5月]

特集記事一覧へ
調査日
2015年5月6日
公開日
2015年12月12日