Kanto Railway Joso Line

関東鉄道常総線

取手駅と下館駅を結び、つくばエクスプレスや常磐線とともに沿線住民の都心への通勤を担っている路線である。石岡市の地磁気観測所との兼ね合いから電化が見送られた経緯があり、水海道以南は日本でも珍しい非電化複線となっている。

Kanto Railway Joso Line配線略図01_取手駅 西取手駅 寺原駅 新取手駅 ゆめみ野駅 稲戸井駅 戸頭駅 南守谷駅Kanto Railway Joso Line配線略図02_守谷駅 新守谷駅 小絹駅 関東鉄道水海道車両基地 水海道駅Kanto Railway Joso Line配線略図03_北水海道駅 中妻駅 三妻駅 南石下駅 石下駅 玉村駅 宗道駅Kanto Railway Joso Line配線略図04_下妻駅 大宝駅 騰波ノ江駅 黒子駅 大田郷駅Kanto Railway Joso Line配線略図05_下館駅

If you notice incorrect information on our site, please let us know via correction form.

Related pages

Popular Pages [Sep. 2019]

Date of Surveillance

SectionDate of Surveillance
AllAs of January 2017

List of Versions

VersionDate Published
1.020 December 2017HTMLPDF
私鉄路線一覧へ
Published
20 December 2017
日本語のページを表示
Close
Close