8月12日(日)発売『配線略図で辿る首都圏の回送列車』

東武鉄道野田線

大宮駅と船橋駅を、首都圏を半周するように結んでいる。「東武アーバンパークライン」の愛称があり、沿線は宅地化が進行中で、快速運転も予定されている。

東武野田線配線略図01_大宮駅、北大宮駅、大宮公園駅、大和田駅、七里駅、岩槻駅、東岩槻駅東武野田線配線略図02_豊春駅、八木崎駅、春日部駅、藤の牛島駅、南桜井駅東武野田線配線略図03_川間駅、南栗橋車両管区七光台支所、七光台駅、清水公園駅、愛宕駅東武野田線配線略図04_野田市駅、梅郷駅、運河駅、江戸川台駅、初石駅、流山おおたかの森駅東武野田線配線略図05_豊四季駅、柏駅、新柏駅、増尾駅、逆井駅、高柳駅東武野田線配線略図06_六実駅、新鎌ヶ谷駅、鎌ヶ谷駅、馬込沢駅、塚田駅、新船橋駅、船橋駅

サイト中に誤りを発見された方は、メールまたはSNSなどでお知らせください。ただし、すぐに対応できない場合があります。

関連ページ

配線略図アクセスランキング [2018年7月]

調査日

全線2013年7月現在

版一覧

Version公開日
1.02014/08/10閲覧用SVG印刷用PDF
私鉄路線一覧へ
公開日
2014年8月10日
最終更新日
2018年5月27日(川間駅の配線を修正)